忍者ブログ

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新コメント

[07/18 潤風@田吾作]
[04/15 潤風@田吾作]
[04/03 潤風@田吾作]
[03/24 潤風@田吾作]
[02/21 ピジョン]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

卒業

ブログテンプレートを修正。
火狐だとユカイなことになってたし。

えー、気が付いたらebの方に一人増えてました。
設定の濃い結社作りたかったせい。

ユーリが団長やってる結社の方は大分客も増えてまいりました。
それにしても皆ネタの切れ味が鋭いな。図らずもニューロの後継みたいになってやがる。
ユーリのキャラの立ちっぷりが軽くウタを越えてるけどな。


閑話休題以下主題。

キャラが三人卒業しました。
トシと村松とシサンです。

それでトシの進退を検討中。
村松とシサンはそのまま能力者続ける予定ですがね。


以下に畳む。
一年以上前から「大学への進学を以って能力者をやめる」という事項は考えていた。

奴の設定的に銀雨に来る前から「能力者としてやるべきこと」=復讐は終わってる。
ついでに世間一般の幸せを知っているからこそ「明るい世界で生きたい」という欲がある。

世間一般の幸せと能力者って両立できない事項よね、と思う。

この先どんな生き方をしても「能力者である」という事実をひたかくしにして、
この先愛するはずの人間を騙しながら生きていくっていうのは奴には無理な話な気がする。

その実全てを打ち明けたところで翌日には綺麗さっぱり忘れ去ってしまって、
誰一人として真に理解してはくれない。

だからこそ能力者としての秘密は守られるが、そこに「一般人としての幸せ」はない。

人との深いふれあいを求めるなら、その辺を諦めて能力者として過ごすしかない。
それでもトシには能力者を続ける程の怒りもなければ義務感・使命感も持ち合わせがないから、
半分抜け殻のように惰性でやり続けることになるわけで……。
確かにぬるま湯のような幸せは保証される。
だが、本当にそれがやりたいのかと言われれば「断じて否」と言わざるを得ない。


それでも捨てたくないもんとか色々あるんだよね……。
某みーすけとか、軍艦のみんなとか色々。

これが村松なみにルサンチマンの塊だったり、能力者以外の生き様を知らないシサンなら簡単なんだけどなあ。
PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form