忍者ブログ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[07/18 潤風@田吾作]
[04/15 潤風@田吾作]
[04/03 潤風@田吾作]
[03/24 潤風@田吾作]
[02/21 ピジョン]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一年以上放置していた・・・だと!?

去年は色々滅入ることがございまして。

あまり参加してなかったなあ。
対人色が少なめのゲームメインだった気がします。

EBと非富岡系のゲームのキャラについてちと紹介を

EndBraker -ユーリ・テスラカイト(c03499)

今まで一度も作った事のないロリ鈍器キャラ。
ハンマーの城塞騎士です。ごついです。

長男・長女・一人っ子系の多いマイキャラの中でも珍しい、「三女」。

私の敬愛するSF作家、コードウェイナー・スミスの作品「人類補完機構シリーズ」の劇中人物より。
作中で重要な役割を果たすドイツ第三帝国の貴族の三姉妹の三女から名前を頂く。
まあ三女は殆ど出番ナシなんすけどね。

テスラカイトは平沢師匠の個人レーベルから。いや平沢とか好きだから。
結社もバンディリアだし。でもオーガンみたことねえですよ。


ある日街中で守るべきスカーを見失い、
それっきり探しても出てこないことを唯一自身の人生の汚点と感じて居るとかないとか。




宵闇幻影奇譚-三汰屋ヒナキ

三汰屋さんはロンダリングキャラ。
銃器とか実弾を売ってくれる蕎麦屋の屋台を引いた国籍不明のおっさんが元キャラだった。
が、流石に実弾はマズいかなーということで日和見。
蕎麦屋が二人で接客だと昭和枯れススキスメルしかしないし。

多分今の古物商をやる前、メイと出会う前は死の商人やってたんだろうな。
で、力学の見極めを誤るだか恨みを買うだかで殺されて沈められたところをメイにつかまる、と。

三汰屋は仏教用語の集諦(じったい、duHkha-samudaya-aaryasatya)より。
メイはモトネタから「さむだや」と呼ぶ。
ヒナキは元キャラの名前をそのままスライド。日本人かもしれない語感に漢字の当て方を躊躇う名前。
結局のところ偽名なので本名人種戸籍そのほかは不明。



宵闇幻影奇譚-メイ=シューニヤン

メイはダチのキャラに大分影響を受ける。
と言うか似過ぎてイヤになってきた。趣味の「手の込んだいやがらせ」とか。

「SF者が猫に付けたい名前」あるいは「SFに出る猫の名前」というモノがありまして、その中から一つ引用。
三汰屋がメイを「レイディ・メイ」と呼ぶのはこのモトネタが理由。

因んでユーリと同じく「人類補完機構シリーズ」の登場猫。
「人類~」は猫が良く出ます。作者が猫好きな所為です。猫人間とかいるよ。
あ、犬とかもいますが。

シューニヤンは仏教用語の空(シューニャ)より。
業魂と三汰屋の妄想という要素がなければそこに存在すらしないので。

乳が残念なのにケツはしっかりしてるあたり三汰屋はケツが好きなのでせう。
あと多分マゾだな。でなかったらこんな無体な女が出るはずが・・・

ケツ設定は「そういうことができる」と聞いてついかっとなってやった。
いや・・・できるならできるなりの設定をしますよねえ?


そして私、思うんですよね。
業魂をまじまじ観察されるって宵闇の者の皆さんからすると性癖モロ出しすぎて穴掘って埋まりたくなるようなことなのではないか、と。
PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form