忍者ブログ

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[07/18 潤風@田吾作]
[04/15 潤風@田吾作]
[04/03 潤風@田吾作]
[03/24 潤風@田吾作]
[02/21 ピジョン]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤンデレスイッチ

夏はヤンデレとリョナとサイコホラーと鬱の季節。何、俺が今決めた。


銀雨の美術館でもおなじみのハトリ絵師がカードワースというゲームの方で、
メレンダ街という街シナリオ集の首謀者をやってるみたいです。
興味のある方は、是非。

何でそんなことを知ってるかというと、俺がそもそもそっちのプレイヤーだからです。
てえか気がついたら六年以上やってますよ俺。
いやぁ、昔はエディタ弄って最強設定武器に身を固めた最強NPCを連れこんではドラゴンを薙ぎ
(以下思い出話が三千行ほど削除されました。)



とりあえず最近村松の話が多いけど、
村松がマイブームなので村松とそのアーキタイプの話でもするかな!
俺は自キャラ語りが大好きだぜ!
メッセで聞かれれば小一時間じゃ足りないくらいしゃべるくらいにな!
銀雨でも世話になってる古くからの友人に「最近村松が好き」と言ったけど、
「最近?(ニヤニヤ)」とかいわれたぜ。
シサンとは別のベクトルで好きなキャラの一人です。


ゲロ長くなるので続きは追記に。
村松にはアーキタイプになったキャラが別所にいたりしますが、
村松は一年でだいぶ変わりました。

まあアーキタイプ君は便宜的に箱男としよう。
阿部公房は砂の女しか読んでないけど。
今は一線を引いてるけど、かれこれ四年の付き合いになるかな。
折角だから箱男のイラスト載せようとおもったら最近の絵が全部半裸だったワロス。

村松を作るうえでデッドコピーにならないように突っ込んだ改変がすげえ勢いで効いとるかもしれん。

箱男はつぶれきって屈折しまくりで戻れないレベル。
でもまだ村松は別の道があって、まだ救いがあって、あと、ちゃんと「男」です。
腹の底で反抗心や怒りを研げたり、隠れ戦闘民族だったりするあたり。


村松と箱男、毛質とカラーリングはだいぶ違ったりします。
でも高身長でマッチョで木偶の棒で目が死んでるのが共通項。
箱男の方は赤毛で硬いストレートのウルフカットで眼が青い。あと茶肌。
顔立ちは結構似てるとおもう。たぶん。
便宜名の由来として箱かぶってたりすることもありますよ。


箱男も、ちょっと前の村松も、
自分の気持ちを曲げて自分と他人を傷つけないように遠巻きに見てるタイプ。
しかも完璧主義で自分対して極端に点数付けが厳しいから結局自分で自分をメッタ刺し。
幼少期から甘えたい気持ちを殺し続けて、
母親からの愛情を兄弟からを奪い取ることから逃げたツケというか。
無条件で愛を与えられた時期が短い所為で失うのが怖くて幸せから逃げるし。

ある意味それって究極的に他人を信用していないんだけどね。
人の優しさや愛を疑って拒否することには変わりないわけで。
ただ正面から他人を拒むか、婉曲に拒むかの違いでしかない。
むしろ正面からぶつかれる子のほうが救いはあるよね。
だって、人にそれを見せてるし、それならば肝心なときに自分ひとりで潰れる前になんとかなるし。


それでも箱男は小説、村松は作曲や演奏で人に自分を伝えたいけど、
自分の考えが人を傷つけてそれが返ってくるのが嫌で自分を殺しつづけてたりとか。
結局当たり障りのないものしかつくれない。
でも自分の作ってるものがその程度でしかないことだけは評価できてしまうというね。


村松はそんな自分の弱さと不甲斐なさと閉塞感が嫌で嫌でしょうがないから、
自分と、それに良くしてくれた他人のために過去の自分をぶっ壊しながら組み立ててる最中。
たぶん誕生日あたりには結果がどうあれ何らかの決着がつくとおもう。

対する箱男は生まれてこの方自分の弱さを骨の髄まで叩き込まれているし、
戦って勝ち得たいものすら諦めたり失ったりしているので日々頽廃的に生きてます。
他人に奇行を見せて距離を置かれることで寂しさと一種の安堵をおぼえたり、
名前もしらない相手と教育上よろしくないことをしては現実から逃避しているわけで。

ちなみに村松はなんだかんだでサディストです。
壊れるほど激しくしたい・されたい人。
痛いのも痛くするのも興奮するタイプ。
破壊衝動とエロい衝動って似てるよねって思ってる。戦争大好きだし。

対する箱のほうはどうしようもなくドMです。
道具みたいに乱暴にされてる方が好き。そこには心がないから、心は傷つかない。
でも向こうも喜ぶし痛いのはそれ以外忘れられて気持ちがいい。
むしろ優しく大切にされたりした日には泣きながら逃げて部屋の隅で震える。


そんな箱男、四月に27歳になったのにいまだ人生に救いが見えない件。
むしろパーペキにブチ壊れた状態で安定してるというか。
自制できないレベルの恋なんてした日には手首縦切りかドアノブで首吊りしそう。
助かっても精神的にズタズタになって廃人になりそうな勢いです。
そんな状態で漸く「あなたが好きだ」と言えるくらいに人を信用していない。
つーかトラウマ満載だしド変態だし死んだほうがマシだこいつ。うへ。
PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form